忘れてました・・・ごめんなさい。園長だより3月

 / 坂幼インフォメーション 

園長だより3月号のアップを失念していました。申し訳ございません。もうじき在園の方には今年度最終号の園長だよりが出ますが、サイトでお読みいただいている方には大変遅くなりました。お詫び申し上げます。

 

【素敵な学芸会をありがとうございました】

日行われました第70回卒業記念学芸会には、ご多忙の折、沢山の保護者の皆様と御祖父母様にご参観を賜り誠にありがとうございました。また、行事後には、沢山の「喜びのお声」を寄せていただきましたこと重ねて御礼申し上げます。

 

開会のご挨拶でもお話しさせていただきましたが、今年は園でもインフルエンザに罹患された子も多く、なかなかクラスのメンバーがそろわない中、子どもたちも担任も少しの不安を抱きながらも精一杯の気持ちで自分たちの演目を創ってきました。

 

緞帳の裏や待機の場所では「わーっ、ドキドキする」「間違えないかな」「早くやりたーい」と様々な声が聞かれましたが、みんな瞳を輝かせながらステージに立つ期待感いっぱいに待っていました。

 

学芸会での子どもたち、本当に嬉しそうでした。楽しそうでした。大勢のお客様に見つめられて、沢山の手表紙と拍手をいただいて、まだ気持ちを上手に言葉にして表現できなかったとしても、心の内に様々な思いをため込んでくれたでしょう。

 

芸会の日に、私が何よりも感動し、感謝したのは坂戸幼稚園の保護者様の姿でした。各クラスの演目が始まってすぐに、ご自身のお子様とは違う学年、クラスの子どもたちに本当にたくさんの手拍子を送って下さっていました。どれほど子どもたちは嬉しかったことでしょう。こうしていつも我が子のように、見つめ応援して下さる保護者の方々に坂戸幼稚園の子どもたちは育てていただいています。心より感謝申し上げます。素敵な学芸会をご一緒に創っていただきありがとうございました。

 

芸会当日のお話をもうひとつ。最終演目のバトンクラブの幕が下りた後に舞台上の子どもたちの側に向かいました。残念そうに、悔しそうにしている顔が目に飛び込んできました。最後の十字隊形はこれまで繰り返してきた曲の途中に移動に入らなければ間に合わず、夢中で踊っていると難しいのです。「失敗しちゃった」「やり直したい」そう思っている子どもたちの心の声が聞こえます。

 

そうした時に私はやはり苦しくなり迷います。「もう一度やらせて下さい」と緞帳を上げさえすればいいのですから。けれども本番、当日は一度きりです。これからも子どもたちは発表や試合などで幾度となくこうした体験をすることでしょう。努力をしていたのに失敗した時、願っていたのに叶わなかった時、いつものようにはいかなかった時に、悔しくて、悲しくて、もどかしくて・・・そうした様々な思いに向き合い、乗り越える出来事もあるはずです。

 

今日は上手くいかなかったけれど、いつだって次があるよ。あなたなら大丈夫だよ。夢中で取り組めるあなたは本当に素敵だよ。側にいて見守る、任せるという立ち位置で、自分で育とうとする子どもたちにエールを送り続けていきます。

園長 浅見 美智子

 

3月号はさっかーせんせいとの2本立てでしたので一応そちらも掲載します。

【どこまでたどり着けるかな?】

レビに出ている著名人で好きな人がいます。もちろんテレビからだけの情報ですので、そのお人柄の実際は分かりませんが、それでも見るからに知的で教養があるその語り口などにちょっと憧れています。その方は齋藤 孝さん。齋藤 孝さんは明治大学文学部教授で教育学、コミュニケーション論が専門、『声に出して読みたい日本語』『大人の語彙力ノート』など一度は聞いたことがある著書も多数ありますね。

 

屋さんを歩いていて平積みされている本が目に留まりました。おー、斎藤 孝さんの本ではありませんか。本のカバーも『君たちはどう生きるか』で広く知られる羽賀翔一さんの絵だったりしたものですので、あまり本を読まないさっかーせんせいですが思わず購入してしまいました。その本は『読書する人だけがたどり着ける場所』。

 

齋藤 孝さんは文学部教授だけあって大変な読書家だそうです。東西の古典文学から現代小説、様々な分野の専門書、漫画まで幅広く“深く”読まれていて、読書こそその人の人格を形成すると言われるだけあって、この読書量だからあのソフトで知識量豊富なお人柄にまさに“たどり着い”ているのだなあと感心してしまいました。

 

の『読書する人だけがたどり着ける場所』の中で、これはお伝えしたいなという部分をピックアップしてみますね。

 

①『子どものいる方はぜひ本を読み聞かせてあげて下さい。少しくらい難しい表現や、古い言い回しなどがあっても構いません。ポイントは情感を込 めて読んであげることです。』

これには反論がある方もいらっしゃるかもしれませんね。読み聞かせではあまり抑揚をつけない方が子どものイメージが膨らむとも言われています。けれども、古い言い回しなどは気にせず読んであげてもいいと思います。子どもはその前後から難しい表現でも普段使わない言葉でも「こんな感じかな?」と子どもなりに感じている(理解はしていない)ようです。

 

②『驚くべきことに驚けるのは、実は教養があるからです。』

あぁ、最近何かに驚くような刺激を持ったかなぁとつくづく肩を落とすさっかーせんせいです。齋藤 孝さんは教養について『深みに入る』と語られています。自分の子ども時代を思い返すと、驚くことが沢山あって、その驚きがその次の知識に繋がっていく経験が確かにあったような記憶があります。あぁ、いつからその驚きが失せてまったのか…再びがっくりとなるのでした。

 

③『一流の本を書くには才能が必要になるでしょうが、本を読むのに才能は必要ありません。』

子どもたちは(絵)本は大好きです。読み聞かせてあげると目を皿のようにして微動だにせずに聞き入ります。けれども若者の間に本離れが激増してしまっているのはなぜなのでしょう。本を少しでも手に取る習慣が付いてしまえば、それまで読書に縁遠かった人(若者)もきっとそう感じると思うのです。そしてそれまで自分はどうして本を読んでこなかったのだろうとも。せっかく「本が好き」という子ども時代があるのですから、せめてその環境を奪ってしまうようなことはしないようにしてあげたいものですね。

 

て、斎藤 孝さんはこの著書の中で、人として自分を“深くしてくれる”本を、歴史書、哲学書、古典文学から兵法書といった様々な分野の名著を「お勧め本」として数十冊紹介されています。よーし、自分がどこまでたどり着けるか挑戦です!本は既にアマゾンで発注済み!さっかーせんせいの顔つきがキラリンっと教養深く変わってきたら教えて下さいね。

理事長 浅見 斉

※SKPおたよりをのびのびつうしん用に改稿しました。

3/2(土)園庭開放SKPです!

 / 坂幼インフォメーション 

3月になりました!陽気も少しずつ春めいてきますね。そうした春を感じる頃、今年度最後になりますが園庭開放SKPです。今回はさっかーせんせいの親子運動遊びを予定していますよ。どんな小さいお友だちが遊びに来てくれるのか!?さっかーせんせい今からドキドキしていますが、楽しく体を動かしていきたいと運動メニューを頭に汗かいて考えてお待ちしています!遊びに来て下さいね!!

■日時 平成31年3月2日(土)10:00~13:00 ■さっかーせんせいの親子運動遊び 11:00頃からホールで行います。 ■持ち物 お子様も親御様も室内で運動できる履き物をご用意下さい。飲み物やタオル、お着替えなど各自適宜お持ち下さい。■親子運動遊びは3歳程度のお子様を対象にしたものを行いますが、上手にできなくてもいいんです!そこにいるだけでもいいんです!親子でタッチコミュニケーションを楽しんでいただければ!ですから小さいお子様のご参加もお待ちしています! ■その他ご不明の点は幼稚園までお気軽にお問い合せ下さい。

 

 

 

 

あそカレ雪あそびに行ってきました!楽しかった!!

 / さっかーせんせい日記 

2/16(土)にあそカレ(坂戸幼稚園卒業生1~6年生の月イチ遊びのプログラムです)で雪遊びに行ってきました。岩原スキー場でゲレンデを借り切って、ただ雪と戯れて遊ぶ。さすがあそカレっ子、雪の上で楽しむってこうやるんだとばかりに、からだいっぱい使って遊んできました!

<ビーチフラッグならぬゲレンデフラッグ。誰が先に旗を取れるか!?雪だから飛び込んでも痛くないもんね。>

<唯一持って行った遊び道具スノーブギーボード。けれどもそんなものは要らねえとばかりにスキーウェアで滑り出す。これがまたよく滑るんだ。>

<6年生にとっては最後のあそカレ。一年間、いや六年間ほんとうによく遊びに来てくれたね。そして低学年の子どもたちをサポートしたり、引っ張って行ってくれたね。心からありがとう!キミたちなら大丈夫!中学生になってもあそカレスピリッツを忘れずに胸を張って進学して下さい。>

2歳児プレ親子プログラム「双葉会」レッツたいけん双葉会第3回目ご案内

 / 坂幼インフォメーション 

先日2/13(水)にレッツたいけん双葉会の第2回目を行いました。もうすでに幼稚園に慣れて笑顔で参加されていたお子さん、まだまだどう遊んでいいのかわからずにお母さんにぴったりとくっついていたお子さん等々、それでも一人一人可愛い姿で参加してくれました。どんなお姿であろうとも一人一人が違ってあたり前、私たちは幼稚園に遊びに来てくれた、そのことだけでとても嬉しくなります。ちゃんとできなくていいのです。上手に参加できなくても大丈夫です。お母さんやお父さんと一緒にいつもとは違う場所で触れ合える、それだけでお子様にとりましては大きな経験です。ご参加お待ちしています!そうした前回の双葉会では『大きなカブごっこ』をしました。「よーいしょ、よいしょ、よいしょ!」とウサギさん、イヌさん、ネコさん、ネズミさんになって大きなカブをみごとに引っこ抜きましたよ。

 

 

 

 

 

<親子ジムではなんと!ボールを使って親子で遊びましたよ。ボールって人と人とを近づけてくれる一番のツールです。>

<指先を合わせているのは♪大きなカブを…♪の振り付け(本当は頭の上なのですけれどもね。でもそれでバッチリ!)なのですよ。可愛いです。>

<まだまだ友だちなんてというお年頃なのに肩に手を置きカブを引っ張る。少しずつ少しずつこうしてお友だちを感じていく経験が大切なのですね>

その双葉会の「レッツたいけん双葉会」第3回目のご案内です。日程は3月6日(水)15:40~になります。お電話にてご参加お申し込み下さい。たくさんの小さなお友だちのご参加を・・・お待ちしています!!

2/11(日)12(月)は休園になります。

 / 坂幼インフォメーション 

明日2月11日(月)は建国記念日で、翌12日(火)は本日日曜日学芸会の振替で幼稚園はお休みになります。ご用の方は大変お手数ではございますが、13日(水)以降に改めましてご連絡下さいますようどうぞよろしくお願いいたします。

ご参観たいへんありがとうございました!

 / さっかーせんせい日記 

本日第70回坂戸幼稚園卒業記念学芸会が坂戸市文化会館で開催されました。ご参観いただきました保護者様、御祖父母様そしてご家族様、学芸会担当のPT保護者様、本日は大変ありがとうございました。前日の雪模様で一時はどうなることかと思いましたが、皆様の願いが通じ、ご集合時は寒さが募っておりましたが、快晴のもと開催することが出来ました。

 

年少組さんは舞台の上にいるだけで可愛いくて頬が緩んでしまいました。年中組さんは初めて自分たちだけで立つ舞台に自信を持っていましたね。そして年長組さんは自分たちの演目に誇りを持ち皆で作り上げる醍醐味を味わってくれたのではないかと思います。

 

ある年長組の女の子がとても緊張した表情をしていたので「いつものとおりやれば大丈夫だよ」と声を掛けました。するとその子が言いました。「いつも通りできるかがわからなくて不安なの・・・」あぁ、私はなんて浅はかなのだろう、その子のその心もちを察してあげられなくて。まだまだな私です。そんな私のガックリをよそに、その子は舞台の上で表情豊かに演じてくれていました。よかった!

 

今日の学芸会をご自宅でたくさんお話して下さいね。いっぱい褒めてあげて下さいね。本当にありがとうございました。心より感謝申し上げます。

 

子どもたちの絵【SKPレターから】

 / さっかーせんせい日記 

『子どもたちの絵』

さんのお子さんはご自宅で絵を描きますか?1~2歳くらいのお子様なら「絵」というよりはグルグルだったりテンテンだったり、なぐり描きに近いようなものではないでしょうか。それが2~3歳くらいになると、「あら、何かを描いているのね」と次第に分かるようになり、それがなんだか人の顔のようではありませんでしたか。そしてその顔から手のようなもの、足のようなものがにょきっと出ていませんか。そして3~4歳くらいになるとしっかりと顔と胴体、手、足が描かれ、ようやく「まぁ、ママを描いてくれたのね」と誰が見てもそれが人だと分かるようなものになったはずです。中には、すでに写実的な絵を描いてしまう子も現れたりします。

 

大人から見れば何を描いているのか分からないお子様の絵でも心配しないで下さいね。こうした絵を描いていく過程はご自身のお子さんだけではなく、実は全世界(日本だけではなく全地球的に)共通のものなのですよ。決していい加減に描いているわけではないのです。

 

前述の顔から足や手が出ている絵を「頭足人」と言います。子どもにより様々な頭足人を描きます。顔と足だけだったり、足(手?)が頭の上から出ていたり、頭足人の初期の絵だと太陽みたいに何本も手や足のような放射線が描かれていたりと本当に様々なのですね。

<坂幼年少組の子の典型的な頭足人の絵です。率直になんかかわいいですよね>

 

ぜ子どもは頭足人を描くのか、なぜ全世界共通なのかを研究している人は数多く諸説あります。「顔に注目しているから説」「頭部と胴の未分化説」「知っているものを描く説」「先天的記憶説」などがあるそうですが、こうした偉大な研究者をさて置いて、僅か30年だけ子どもたちの近くにいる小職な私ではありますが、子どもたちにはヒトはこう見えているから頭足人になってしまうのではないかと思っています。それは記憶と未分化の双方が相まっているからなのではというものです。

 

二足歩行する前の四つ這いの生き物を正面から見た姿(先天的記憶)と胴と足が一体化して見えて(未分化)いるのではないかなと単純に思っています。

<こんな感じに見えてしまっているのではないかなと。だから胴はいらないから描かないんじゃないかな>

 

だまだ答えの見つかっていない分野です。難しく考えるとキリがないですね。難しいことは研究者に任せることとして、私たち子どもに関わっている大人は、子どもたちが描いていく絵が発育発達的に見て誰もが通る道なのだということを知っておくことでしょう。知っていれば、「もう、うちの子はどうしてこんな絵になってしまうのかしら…」「ほら、よく見て描きなさい!」とか目くじらを立てずに見守ることができますものね。他の子と比べなくとも済みますものね。

<坂幼年中組の子の絵です。ほらね、ちゃんと胴体が描かれてきましたよ>

<坂幼年中組3学期ニジイロクワガタの絵。写実的な絵です。聞けば虫が大好きとのこと。色の使い方もお見事!>

 

子どもたちの絵に触れる時、私たちに求められるのは純粋に子どもたちの不思議な想像力や色彩の見事さに感嘆し、共感してあげることなのかなと思います。それだけで子どもたちの筆は進んでいくことでしょう。子どもの想像力は無限です。

byさっかーせんせい

※皆本二三江著「お絵かきの想像力」春秋社

明後日2/9(土)はSKPだよ!

 / 坂幼インフォメーション 

天気予報では⛄マークが出ていてちょっと心配ですが、SKPの時間帯に降っていなければ行いますよ!季節外れだけどテルテル坊主を作っていただいて、たくさん遊びに来て下さいね。待っています!

園長だより 2月

 / 園長だより 

今年最初の「のびのびつうしん(毎月在園児が持ち帰る冊子のおたよりです)」からのお届けです。

<平成最後の新年に寄せて>

家族の皆様と迎えられた2019年のお正月と冬休みを楽しくお過ごしになられたことと思います。お寄せいただいたあゆみのお返事や子どもたちからのお話に、沢山の楽しかった出来事を教えていただきました。ありがとうございます。

平成最後のお正月ということで、様々な特番が組まれ、私もチラチラと見ていました。私の入職は昭和の終わりですので、平成は丸々仕事と子育ての歴史に当たります。実感が無い…というのが正直な思いです。特番で見る「あんな事、そんな事」はやはりつい昨日のことのように思えます。しかし、そうした中で、例えばインターネットの普及をはじめとする様々な生活様式の変化とそれに伴う常識や価値観の変化はあまりにも日常の「あたり前」に紛れ、意識することもなくなったように感じます。

しい元号になってからの30年後、世界は、社会はどのようになっているのでしょうか。私たちはそのとき何を思うのでしょうか。こうして何かの折りに、途切れず続き、流れゆく時間の中で、これまでを振り返り未来に思いを馳せるひと時を持つことは、あまりにも高速化している日常には大切なことだろうと思います。

そうした中、思いを強くしているのは「子どもの育ちは変わらない」ということです。もちろん子どもたちは「社会」の中で育ちます。その「社会」の変容が子どもの育ちに影響を与えることは間違いがありません。けれども「子どもの育ち」つまりヒトとして、生物としての発達の過程はどの時代においても変わりません。

だからこそ、時代の流行や風潮にまどわされることなく、子どもたちの未来と真の成長に思いを馳せて「本当に必要なこと」を考え実行しなければなりません。

 私が見て、感じてきた平成30年間の子どもたちの姿が、これからも育ちゆく子どもたちの側にいさせていただく私の指針になってくれています。

 本年も皆様とご一緒に、幸せいっぱいの一年を築いていきたいと願っています。ご支援とご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

 

<一緒に食べるということ>

年12月29日の朝日新聞の天声人語からの抜粋です。金沢市で山本実千代さんが営む「サポートハウス」に寄せて書かれた文章です。

『特別な活動をするわけではない。何はともあれ一緒に食事をする。「おなかがすくとだれでも心がトゲトゲする。食べ終えてフーッと一息吐けばトゲトゲがとれる。小さい子でもそう。食べ盛りはもっとそう。大人だってそう。」資金も人手もないハウスが十数年続いてきたのは、この明快な「食」の哲学のたまものだろう。食べることはあらゆる生の出発点。同じ食卓に着いて一緒に箸を動かせば、心は少しずつほぐれていく。』

の文章にいつも以上に心を動かされたのにはたぶん理由があります。就職を機に3年前から自宅を出ている長女と、年末年始の件でちょっとしたいざこざがあり、約一ヶ月程心を悩ませていました。

いざこざ…そうした時に直接会ったり、電話を掛けたりするのは勇気がいるものです。どう思われるかな?以上に心に引っかかるのは(相手にとって)迷惑ではないかな?ということです。けれど、そうした時こそ「直に」がどれほどの意味を持つかを考えていました。

現代にはとても便利なツールが沢山あり、私もそのひとつである「ライン」で娘とのやりとりをしています。最小限の短い「言葉」でのやりとり…用件は伝わるけれど心の内は?

両親共働き、時間に追われバタバタと過ごしてきた日々の中で何をしてきただろう?と振り返る時、唯一「みんなで一緒に夕飯を食べてきた」と言えると思います。

色々な出来事、様々な心情をそれぞれの家族が抱えつつ、同じ食卓で一緒にご飯を食べてきました。ひとりでいたい時、誰とも話したくない時、外の世界で傷ついた時etc.…本当に様々な状況があった中で、同じ食卓で一緒にご飯を食べてきました。

長女とのいざこざが長引いてしまったのもまた、一緒にご飯を食べられない状況にあったからと感じています。

怒っていても、苛立っていても、落ち込んでいても、悲しみにとらわれていても、言葉を交わさずともそこに「一緒にご飯を食べてくれる人」がいる。そうした時間がある。どんな心もちの時も顔を合わせ、空間を共有し、次(未来)に繋げていく。そのことの意味、大切さ、大きさを感じています。

園長 浅見 美智子