残念…【あそカレ】今年度の活動中止

 / 坂幼インフォメーション 

あそカレ会員皆さん、大変残念なお知らせです。現在新型コロナウィルス感染拡大が第3波と言われるほど急増加をしています。「今年度最多」という言葉を日々ニュースで聞いていることと思います。そうしたことを踏まえ、皆さんの安心な小学校生活を第一に考え、今年度のあそカレ活動すべてを中止にいたします。来年はあそカレの皆さんとたくさん遊べることを願ってやみません。皆さんも健康に注意をしてこれからも過ごして下さいね。

令和3年度新入園【オープン説明会】

 / 坂幼インフォメーション 

本日午前10時より令和3年度年少組新入園のお子様を対象にした「オープン説明会」を開催いたします。手指の消毒、検温、換気、マスクの着用そして密を避け行います。対象のご家庭はどうぞご参加をお待ちしております。

また午後2時からはリモートでの説明会も行います。ご希望の方はお早めに坂戸幼稚園までご連絡下さい。こちらもご参加をお待ちしています。

感謝!【第72回秋のさわやか運動会】

 / さっかーせんせい日記 

本日開催されました運動会、保護者様には新型コロナウィルスへのご対応、そして前日からの雨天による1時間遅らせての開催、それに伴うプログラム割愛と順番の変更等、様々ご理解とご協力をいただきまして誠にありがとうございます。最後に温かいお言葉まで頂戴し、感謝の気持ちで一杯です。本当にありがとうございました。

今日頑張った子どもたちをたくさん褒めてあげて下さいね。たくさん褒めてあげて「ボクだってがんばればできる!」「ワタシはともだちのためにいっしょうけんめいになれる!」という自己効力をいっぱい感じさせてあげて下さい。運動会までの育ちの願いはまさにそこにあるのですから。

今日は写真を撮れなかったです・・・。でもしっかり目に焼きつけました!下の写真は運動会に向けての取り組みの写真です。今日までの子どもたちの様子はNOBINOBI TSUSHINであらためてお届けいたしますね。本日は本当にありがとうございました!!

 

未就園児プログラム【第72回秋のさわやか運動会】残念中止です

 / 坂幼インフォメーション 

本日10月17日の運動会が雨天により明日10月18日に延期開催となった場合、グラウンド状況などからプログラムの割愛や順番の変更などを行いながら開催することになります。このため、大変残念ではありますが、予定していた未就園児プログラムを中止とさせていただきます。また、運動会のご見学も新型コロナウィルス対策によりご遠慮下さい。直前のご連絡で誠に申し訳ございませんが、ご理解いただきましてご了承下さいますようお願い申し上げます。

本日の【第72回秋のさわやか運動会】延期

 / 坂幼インフォメーション 

本日予定していました「第72回秋のさわやか運動会」は雨天により大変残念ですが明日10月18日(日)に延期といたします。この雨によるグラウンド状況によりましては明日の開会時間、プログラムの変更等があるかもしれません。その際はこのホームページでお知らせいたします。

令和3年度【園児募集】新入園児資料等について

 / 坂幼インフォメーション 

令和3年度に年少組新入園対象(平成29年4月2日~平成30年4月1日生まれ)お子様の保護者様

令和3年度の新入園関係資料(募集要項はじめ坂戸幼稚園各種資料等)は、もう間もなく発送の準備が整います。10月15日(木)にご自宅に届きますので、お手元に届きましたら早めのご開封をよろしくお願いいたします。

なお、この新入園関係資料は、これまで幼稚園にお問い合わせをいただいた方、SKPに遊びにお越しいただいた方、見学デイにご参加された方、くれよんと双葉会会員の方、在卒園ご弟妹様を対象に発送いたします。もし、坂戸幼稚園に関することが初めてで、新入園関係資料をご希望の方は幼稚園までご遠慮なくお問い合わせ下さい(電話OKです。ホームページ内の専用フォームでもOKです)。

※令和3年度新入園募集要項につきましては、こちらのホームページ内でも10月15日からご覧いただけるようになります。

残念っ中止です【それいけ!双葉会っ子・くれよんっ子運動会】

 / 坂幼インフォメーション 

本日予定している「それいけ!双葉会っ子・くれよんっ子運動会2020」は雨天のため残念ながら中止といたします。

この後の1時間ごとの天気予報でも雨が続きますし、室内での開催は新型コロナウィルス感染予防のため行えませんし、本当に残念ですが中止の判断とさせていただきました。お天気には勝てません・・・。双葉会のお友だちもくれよんのお友だちも次回登園でお待ちしています(坂幼秋のさわやか運動会でもね)!

残念っ【あそカレ】9/26(土)中止

 / 坂幼インフォメーション 

本日予定していました第1回あそカレ「どろだんご選手権1年生の部」は、雨のため残念ながら中止となりました。お申し込みいただいた1年生の諸君は、次回の1年生の部(R3年1月16日※今年度は密を避けるために学年別でのあそカレになっています)まで気を長くして楽しみに待っていて下さいね。それまでたまには幼稚園に顔を出しに来てね!※本日はコロナウィルス感染防止で密を避けるため室内でのあそカレ活動は行いません。

 

 

 

園庭開放【SKP】9/12(土)雨で中止

 / 坂幼インフォメーション 

また雨です・・・。今年は新型コロナや雨天気でSKPが行えません。もうっ、本当に残念です。楽しみにしていたお子さん、ごめんなさい。けれどもお天気にはどうしても勝てません・・・。次のSKPは10月3日(土)です。てるてる坊主作って、遊びに来てくださいね。次回、小さいお子様のご来園を心よりお待ちしております!

 

 

 

 

理事長だより 9月

 / 園長だより 

サコ学長

のような夏ですが、家にいるとやはり本を読む機会が多くなります。その中で教育の見方を考えさせられる本がありました。それは「サコ学長、日本を語る」という一冊です。サコ学長、ウスビ・サコさんは、アフリカのマリ共和国出身、日本で初めてアフリカ系黒人の学長(京都精華大学)になられた方です。このサコさんの自叙伝と日本論が書かれた書籍です。

マリ共和国という日本とは生活も文化も教育も異なる国に育ち、その後世界各地(特にアジア)で学び、異文化を肌で感じてこられた方だからこその日本の教育の視点に「なるほど、そうなのかもしれない」と頷いてしまう点が私には多々ありました。

その頷きが大きかったもののひとつを挙げますと「先生がみんなに同じ内容の授業を与えている場合、その中身は単なる『情報』である。その『情報』を自分のものにするには、自分の力が必要になる」というくだりです。確かに、1と1を足したら2になるよというのは計算方法という情報を教えているにほかなりません。その足し算をどのように使っていくのかを自分のものとして腑に落としていくには、サコ学長は学校以外の遊びや家庭での経験とシンクロさせていく子どものプロセスが必要であると書いています。情報がそのまま育ちではないのですね。目からウロコ的でした。

稚園ではどうでしょうか。例えば折り紙を折る、切り紙をして貼る、そうするとこのようなきれいな模様ができるという制作活動をすることがあります。確かにこれだけでは子どもたちにとり情報といえるものでしょう。幼児期の場合、その情報を自分の力にするために、その後にそれを使ってどれだけワクワクする遊びが待っているか、こんな遊びが展開されて子どもたちが引き付けられるか、それを利用して友だち同士で遊びの幅を広げられるか、そうしたことまでをも願いとしながら行うのが保育本来の姿だと思うのです。

幼稚園ではよく新聞紙を固く棒状に丸めて剣を作ります。子どもたちには作ったものを与えたりもしますが、作り方を教えたりもします。ここまでは情報。けれども男の子はみんな戦いごっこが好きですし、自分だけの剣を持ちたがるもので、「先生、新聞紙ちょうだい」ともらってせっせと自分で丸め始めます。最初からうまくはいきません。ぶかぶかで頼りがいのないものばかりですが、友だちとの楽しい戦いごっこのために、その楽しさを思い描きながら作り続け、ようやく大人が作ったのと見紛うばかりの剣が出来上がります。その剣づくりには、手先の動かし方や力加減などの脳みそへの刺激のほかに自分でも作れたという達成感や満足感、自分の剣で戦いごっこをした時の折れてしまった、破けてしまった等のトラブルへの絶望感(?)の対処だとか、友だちと楽しく戦いごっこをするために学ぶ人間関係構築の礎だったりとかの成長が散りばめられています。よい例かどうかはわかりませんが、そういうことだと思うのです。

興味のある方はぜひ手に取って読んでみて下さい(「サコ学長、日本を語る」朝日新聞出版 1,500円)。学校について、教育について「そうした見方もあるか」と考えるきっかけになる一冊だと思います。

理事長 浅見 斉