今月号は理事長だよりです。【のびのびつうしん10月号から】

 / 園長だより 

実は(もちろん多くの方がご存知ですが)さっかーせんせいは坂戸幼稚園の理事長でもあるのです(エヘンっ)。と言いましてもトイレの詰まりを直したり、事務のお仕事をしたり、何でも屋さん(笑)です。さて、今月はそのさっかーせんせいのおたよりです。

 

運動会の見方

 

2学期の大きな行事、運動会が行われます。坂戸幼稚園の運動会は、全員揃っての練習からは始まりませんのは保護者皆様ももうご存知のことと思います。子どもたちは9月の保育から、運動会へ向けての遊びの中でゆっくりと運動会を感じていきます。園庭のロープ引っ張りっこ、リレー遊び、飛び降り台からのジャンプチャレンジ、学年混ぜこぜのパラバルーン等々。保護者様からしてみれば「あれ、これで大丈夫なのかな」と不安に思われる時期もあるかもしれませんのは重々承知しています。

 

やり方、ルールを上意下達的に教え、行わせれば保育者としてはとてもやり易いのは想像に難くありません。保護者様のお子様の育ちへの願いを顧みずに言うのであれば、その保育はとても「簡単」なものになりますが、それでは子どもの「気づき」「学び」「気持ち」の萌芽や伸びを期待することは低くなってしまいます。それは「先回り」をして、子どもたちに「答え」を先に渡してしまっているからです。そして、子どもたち自らの気づきや学びを導くには「待つ」ことがどうしても求められます。けれども保育の中でこの「待つ」ことはとても難しいことなのです。子どもが感じようとしている情緒はその時々で一人ひとり異なりますし、その一人だけでなくクラスや学年には集団という大勢も存在しているからです。どこまで「待てば」いいのか、どのように「待てば」いいのか、子どもという「個」を育てながら、子ども“たち”という集団も育てていく、運動会へ向けての保育に限らず、毎日の幼児教育保育で先生方が最も頭を絞ることのひとつなのですね。

 

して運動会は勝負あり、競争あり、成果結果が目に見えて分かりやすいものです。出来るようになったことや勝ったこと、上手くいったことは、大人には喜びであり、子どもには大きな自信となり次の一歩を踏み出すきっかけにもなります。一方、成果結果が目に見えてわかりやすいだけに、私たち大人が気を付けなければならないのは「子ども同士を比べない」ということです。その年齢により発育発達の概観はあるものの「あの子ができるのだからうちの子も・・・」という見方は、言葉にして直接ぶつけることはないにしても、親御様の心情を子どもはとても敏感に感じ取り、心を後ろ向きにしたり、逆にその期待に応えることだけが行動の動機付けになってしまったりします。だからこそ、決して忘れてはならないのが、常々園長が口にしているプロセスの大切さです。一人ひとりの子どもたちが通ってきたプロセスなのです。どんな思いを抱きながら、どんな風にして、今の姿にたどり着いたかを理解し、心から共感し、ほめ称えてあげること、それが側にいる大人の最も大切な役目ですし、子どもの自己肯定感や自己効力感といった自尊感情を育てるのだと思っています。

 

運動会は年間のひとつの行事に他なりませんが、普段の保育と密接につながっている大切な行事、子どもたちを大きく育てる、保育者も深く考えながら取り組む行事なのです。親御様にはお子様の一挙手一投足に一喜一憂、ご家族でその姿を楽しみにする行事ですが、こうした見方も頭の片隅に少し残していただきながら応援していただければ嬉しく思います。今年こそは青空の下で「秋空に笑顔の花を咲かせられる」運動会になりますように!

もうひとつ運動会

月のあそカレの日が、市内小学校の運動会と日程が重なってしまっていたため急遽中止としました。けれども先生方の勤怠の関係で出勤であったこの日、せっかく出勤しているのだから「小学校の運動会で卒業生や来年就学する新一年生のかけっこを応援しに行こう!」と手分けをして各小学校に赴きました。

 

私もいくつかの小学校を急ぎ足ですが巡りました。当日の天気予報で、ほとんどの小学校が徒競走を中止にするか午後のプログラムに移動していました。最も卒業生と目を合わせたり、ガンバレ!と声を掛けてあげられたり、「うわぁ、さっかーせんせいだ!」と喜んでもらえる競技なのでとても残念・・・。肩を落としてしまいました。

 

けれども落ち込んでばかりではいられません。リズムやダンスでは、学年の中に卒業生を見つけると、幾重にも並んで参観されている親御様の最後尾から、隙間を狙って「これでもかっ」というくらい腕を振って猛アピールです。周りの親御様は「この人、なんなん?」と思われたことでしょう。

 

そんなちょっとした隙間から私を偶然にも見つけてくれた子どもたちは色々な表情を見せてくれます。緊張して強張った顔が緩んだり、「どうして居るの?」とびっくりしていたり、照れるように少しはにかんだり、喜色満面で隣の卒業生に教えたり(おーっと今は集中して踊ってぇ)。その一つひとつに在園していた頃やあそカレの時の彼ら、彼女らを思い出して嬉しくなり、腕振りがさらに大きくなってしまうのです。

 

援。本人も気付かず人知れず届ける応援の仕方もあるでしょう。けれども「頑張って!」「応援してるよ!」と、声は届かずともその気持ちを渡すには、とても自分勝手とは承知してはいますが、手を振って、目と目が合ってこそだと思っています。人と人とのコミュニケーションも一緒です。来年はどの小学校の運動会に向かおうかな?行ける限り続けたいと思っています。

理事長 浅見 斉

 

 

 

 

明日10/5は園庭開放SKPです!さっかーせんせいの親子運動遊びするぞぉ!

 / 坂幼インフォメーション 

またまた直前でのお知らせになってしまい申し訳ございません・・・。明日10月6日(土)は園庭開放SKPですっ。皆さん遊びに来てくださいね!

 

運動をするのにはもってこいの季節になりました。そこで「さっかーせんせいの親子運動あそび」をしますよ。■坂戸幼稚園のホールで11:00頃から行います。親子とも上履きか室内運動靴をご用意下さい。■服装は運動のできる服装がちょうどよいですよ。スカートは避けた方がいいかも。■タオルや飲み物も忘れずに!皆様のご参加をお待ちしています!※運動遊びは2~3歳くらいを対象にして行いますが小さいお子様ももちろんOKです。※SKPは雨天の場合、園庭コンディションが悪い場合は残念ながら中止となります。

シリーズ<あと伸びする力~非認知能力を育てるには>その3【SKPレターから】

 / さっかーせんせい日記 

前回は、非認知能力を育てるのにまず大切なのは、のびのびと遊び込むことが大切だとお伝えしました。そうしますと親御様からは「それじゃあ、幼児期はのびのびとあそばせていれば、それだけでいいってこと?」という声が聞こえてきそうですが・・・。それについて二つの観点からお伝えしてまいります。ひとつめは・・・

 

うは言っても「しつけ」が大切なのでは、わがままな子になってしまうのでは、という親御様の心配です。マシュマロテスト(1個のマシュマロを食べずに一定時間我慢できたら、もう一個マシュマロをもらえる)では、我慢できて2個目をもらえた子は、その後成長してからも我慢する力を持ち続けたという追跡調査結果も確かにあります。けれども、我慢する力を育てるのには、厳しいしつけはむしろ効果的ではないとも言われています。

 

それは、厳しく叱られるだけでは、怒られるのが怖いからしただけなのであって、本質的に自分の気持ちをコントロールできたわけではないのです。我慢はすなわち自分の気持ちをコントロールする力なのです。

 

例えばその1、坂戸幼稚園では午前中いっぱい朝の会もせずに遊び込みます。満足するまで十分遊んでいるからこそ、気持ちを切り替えて次のことに向き合うことができます。そう、この気持ちを切り替えられるきっかけ(選択肢)があれば、子どもは意外に主体的に自分の気持ちをコントロールできてしまうものなのです。

 

例えばその2、スーパーマーケットで「買って」と泣き叫ぶ子どもに「そこに置いてくからね」と言っても、子どもは今度は置き去りにされる恐怖でいっぱいになってさらに泣き続けてしまいます。それよりは「今日いっぱい歩いて頑張ったから、おうちに帰ってアイスを出してあげちゃおっかなぁ」と気持ちを切り替えられる選択肢を出すといった具合です。

 

もうひとつは・・・。どんどん、思う存分遊ばせてあげて下さい。けれども、ただ遊ばせておくだけではなく、豊かな文化に触れることも大切です。遊びの中の豊かな文化、そう、絵本の読み聞かせなどはどうでしょう。絵本を親子で楽しむことで、そのコミュニケーションから自分が愛されているという信頼感が形成され、自尊心の確立にもつながります。

 

間違えてはいけないことは、絵本を「お勉強」として与えたり、早く一人で読めるようになるために「読ませる」のではないということです。もちろん、学齢期になって本好きになることにつながるかもしれませんし、学ぶ力の基盤にもなります。それよりも大好きなお父さんやお母さんに読んでもらう絵本を通して、想像力を膨らませたり、安心感いっぱいの中で安らぐという感覚の育ちを大切にしてほしいのです。

 

「うちの子、ゲームばっかりで絵本に誘っても見向きもしません」確かにタブレットやゲーム機は幼児期の子どもたちにも浸透してしまっていますから致し方ありません。ゲームを止めさせるための絵本と考えないで下さい。ゲームをしないで絵本を読み聞かせるのにちょうどよい時間があるではないですか。それは寝床に入った時です。横になった子どものかたわらに寄り添って読んであげて下さい。途中で寝息を立ててしまうことがあるかもしれませんが、それでもいいではないですか。続きは明日ね、とそっと絵本を閉じればいいだけのことです。私も娘たちが小さい頃は寝る前によく読みました。一緒に“落ちて”しまうことも多々ありましたけど(笑)この上ない幸せなひと時を感じていました。

※このおたよりは『非認知能力を育てる あそびのレシピ』大豆生田 啓友著 講談社を参考にしています。

夢中でどろんこで遊ぶことで、子どもは集中力や感性を高めることができると言います。坂戸幼稚園の子どもたちは本当にどろんこ大好きです。雨上がりの次の日はどろんこ部隊があちらこちらでお庭をこねくります。ですから、園庭はけっこうでこぼこです(苦笑)けれども、それは子どもたちが遊んでいる証拠。トンボで園庭をならしつつ「よしよし」と思うさっかーせんせいです。

そもそもどろんこはとても気持ちがよくリラックスでるんです。お父様もお母様もたまには童心に帰ってどろんこあそびを一緒にしてみて下さいね。

byさっかーせんせい

シリーズ<あと伸びするチカラ~非認知能力を育てるには>その2【SKPレターから】

 / さっかーせんせい日記 

子どもの非認知能力を育てるには?というテーマをシリーズでお伝えしていく第2回目です。前回のレターでは、非認知能力は「あと伸び」するチカラで、これを育てるには子どもが夢中になる「あそび」そのものだというお話をいたしました。それではどのように遊べばいいの?それを今回はお伝えしてまいります。

 

遊びというと「勉強」や「習い事」でないもので子どもの力を伸ばすことに直結しないもの(行為)をイメージしたり、あるいは「息抜き」や「余暇」としてのちょっと体を動かすもの(行為)を思い浮かべたりする方もいらっしゃるかもしれませんが、子どもたちの「あそび」はどっこいそうしたものではないのですね。子どもの「あそび」は豊かな学びそのもの、生活そのものなのです。

 

もうじき秋が過ぎ、冬がきます。冬になると坂戸幼稚園できまって子どもたちが色水氷を作り始めます。登園後の朝、水たまりに氷が張るのを見て、なぜか毎年自然発生的にカップに色水を作り、次の日の朝に氷が張るのを楽しみに登園してくるのですが…。あれれ、私のカップは薄氷…。けれどもお友だちのはあんなに凍ってる…。

はてさて…。そう、カップを置く場所によって凍り方が違うのは大人であればすぐに気が付くというものです。けれども子どもたちにとっては「?」が頭の中で渦巻きます。この渦巻きをどうにかしようと子どもたちは夢中になって来る日も来る日も色水を作っては置いて帰ることになります。

 

そして、子どもたちなりの「!」を見つけようとします。例えば、緑は凍るけど赤は凍らないのではないか、カップがプラスチックだと凍るけど紙だと凍らないのではないか、とか。ここで大人が答えやヒントを渡してしまうのもまあよいでしょう。けれどもすぐには教えてしまわないことが肝心なのではないのでしょうか。なぜか。このあそびで子どもは自分の「問い」を持ち、自分なりに考えて「探求」しているからなのです。まさに知的好奇心の育ち、つまり非認知能力につながっているのです。

 

この例からも、子どものあそびが「勉強」「習い事」「息抜き」「余暇」ではないことが分かりますね。加えてそしてこのあそびで大切なことのひとつに「あそび込む」こと、「あそび切る」ことがあげられます。そりゃそうです、だって「息抜き」のあそびではないのですもの!あそび込むこと、あそび切ることこそ、その後の「学びに向かう力」「がんばる力」の“素地”を育てていくのでしょう。さらに、「このあそびをすれば、非認知能力(あと伸びする力)」が育つ」と図式化できるほど、子どもの育ちは単純なものではないということも覚えておいて下さいね。

そこに自然があれば子どもたちは没頭して遊びます。自然との関わりが体の諸機能を発達させ、知的好奇心を旺盛にし、思考力、表現力、感受性といったものを培います。この季節であれば、落ち葉の中に踏み入ってカサカサという音に耳を澄ませてみたり、秋の実りでスタンプ遊びをしてみたり、そうした中で子どもたちが夢中になるのはなんといってもドングリ集めです。

坂戸幼稚園でもドングリ拾いに街の公園に行きます。子どもってどうしてああもたくさんのドングリを拾い集めるのでしょう?不思議ですよね。でもちょっと考えてみて下さい。大人だって好きなものを収集するコレクターがいるじゃないですか。子どももきっと同じ。ドングリは子どもが自由にたくさん集められる唯一のものといってもいいくらい。子どもはみんなドングリマニアなのですから。

さて、拾ってきたドングリをそのままにしておくとドングリムシがはい出てきますので用心が必要です。一回茹でてからコマにしてみたり、顔を描いたりして遊んで下さいね。

byさっかーせんせい

 

 

 

 

明日9/28(土)園庭開放SKPです!

 / 坂幼インフォメーション 

日中はまだまだ汗ばむ陽気ですが、朝晩はとてもさわやかな今日この頃。秋の気配を感じる季節になりました。この季節の園庭はとても気持ちよく遊べますよ。遊びに来てくださいね。待っていまーす!

今日は双葉会!みんなの双眼鏡は何が見えた?

 / さっかーせんせい日記 

♪魔法の双眼鏡をのぞいてみよう、ズムーイン!ズムーイン!!おいしいのはど~っち?♪ ついついのぞいてみたくなる双眼鏡、みんなが作った色つき双眼鏡は何が見えたかな?お家でも小さい子ならではのイメージをたくさん聞いてあげて下さいね。

ずっと首からぶら下げてくれていてお気に入りになったかな?

片足上げてバランス!真似っこでもいいんです。こんな感じかなと自分なりにやってみようとすること♪それが大事ぃ♪ んなことよりとにかくかわいいぃ(^^)

坂幼でももうすぐ運動会。双葉会でもパラバルーンを広げて初めてのパラバルーン遊び。ホールいっぱいに広がったパラバルーン、それだけでほらこのスマイルです!

双葉会 明日9/11(水)2学期スタートです!

 / 坂幼インフォメーション 

はい、またまた申し訳ございません・・・。間際でのご案内になってしまいました(^^; 明日9月11日(水)から2歳児プレ親子プログラム「双葉会」の2学期がスタートします!

 

すでにご入会していただいている方(このお知らせ見てくれていると嬉しいな)ご参加をお待ちしています!もちろん2学期からご入会を考えていらっしゃる方(2学期からご入会の方は入会費が幾分お安くなり参加しやすくなっていますよ。これも嬉しい!)もどしどしご入会をお待ちしています!!

9月11日(水)15:40~@坂戸幼稚園 ■親子造形:ズームイン魔法の双眼鏡で何見る?←毎年子どもたちから大好評!双眼鏡をのぞく子どもたちが可愛らしいのです。「何が見える?」たくさん聞いてあげて下さいね。それが子どもたちのイメージを大きくふくらまします。■親子ジム仁先生、マッチー先生による親子体操。今回はどんな親子体操遊びかな?どんなでもみんながスマイルシンデレラ(プリンス)になること間違いなし!です。

毎度読みづらくて申し訳ございません・・・。2学期からですので入会費幾分参加しやすい金額になっています!

親子のスキンシップはどうして大切?それは皮膚と脳が繋がっているから。皮膚への刺激は脳を刺激して、脳内の「きずなホルモン」とか「幸せホルモン」と呼ばれるオキシトシンがたっぷり分泌されます。このオキシトシンが分泌されると子ども(もちろんお母さんも)は心が安定、親子関係が安定してきます。だから子どもが「安心する」「気持ちがいい」という感覚を子どものうちからたくさん感じられるようになるスキンシップが大切と言われる所以なのですね。

2学期には双葉会のお友だち(くれよんっ子も参加します)の運動会(10月9日水曜日)もありますよ!

 

台風15号 臨時休園

 / 坂幼インフォメーション 

台風15号の上陸により園児の安全等を考慮し本日は臨時休園といたしました。皆様引き続き台風に警戒、ご注意して下さい。どうぞよろしくお願いいたします。

シリーズ<あと伸びするチカラ 非認知能力を育てるには>その1【SKPレターから】

 / さっかーせんせい日記 

最近よく耳にする「非認知能力」。子ども、特に幼児期の育ちにはこの非認知能力が求められていますが、「それって何?」「で、その能力はどうやって育てるの?」と思われるている方もいらっしゃると思います。はい、それにお答えするのにとてもよい本に出合いました!そこで、今回から数回に分けて、シリーズとしてその本の内容を皆様にお伝えしていくことといたしました。

 

坂戸幼稚園でとても大切にしている「子どもたちの遊び」「遊び込む」「遊びきる」が、この非認知能力を育てるのにどれほど有効かを『坂戸幼稚園あるある』であわせてお伝えしていこうと思います。

 

非認知能力って?それは、読み・書き、計算などの「認知的能力」すなわち目に結果として見えたり、数値化しにくい能力のことと言われています。非認知能力は「社会情動的スキル」とも言われ、●何かに熱中・集中して取り組む姿勢(目標への情熱、忍耐力)●自分の気持ちをコントロールできること(自己抑制)●他者とうまくコミュニケーションできること(社交性、敬意、思いやり)●自分を大事に思えること(自信、自尊心、自己肯定感、楽観性)といった力のことです。

そしてこの力は、成長後の心の健全さや幸福感を高め、その子の将来の社会的・経済的なものを高めるものなのです。“将来”のことですから、その時すぐにではなく、後になって出てくることから「あと伸びする力」とも言われているのですね。その時結果として目の当たりにできるものではなく、目に見えにくいのだけれども将来を左右するものなのでしょう。

 

実際、ある長期追跡調査研究では、教科学習の先取りを行って高いIQを得たとしてもそれは短期的なもので、その数年後には早期教育を受けなかった子に追いつかれることが多いことが明らかになったという報告もあるほどです。就学前教育を受けた子どもたちが獲得した能力の中で、長期的に持続したのは「非認知能力」で、それこそが将来の成功につながる重要な能力だということが分かったということなのです。

 

認知能力を育てるにはどうしたらいいの?そのひとつが「あそび」なのです。夢中になる身の回りの「あそび」そのものだったのです。この「あそび」については次回さらに詳しくお話ししてまいりますね。

※『非認知能力を育てる あそびのレシピ』大豆生田啓友著 講談社

滑り台の逆さ昇り。坂戸幼稚園でも子どもたちはやろうとします。上から滑ってくる子とぶつかって落下、怪我につながることもありますから、遊び方の約束として「やめようね」と伝えていますが、子どもなら逆から昇りたいっと思うのはごく自然なこと。これだって興味や好奇心あるいは「こっちの方が早く“てっぺん”に行ける!」という気づきの現れですもの。なんでもかんでも危ないから禁止!では育つものも育たない、気づくものも気づかないということになります。

 

先生もこうした子たちがいたら「あぶないよー」と声を掛け、その子を視野の中に入れつつ挑戦を見守ることがあります。こうしたことはブランコでも一緒。坂戸幼稚園では立ち乗り、二人乗りOKです。

でも、公園でもしお子様が逆さ昇りをし始めたら困っちゃいますね。他のお母様の目も気になりますし、他の子に怪我をさせてしまったら大変とつい止めさせてしまうもの。そうした時には、他のお母様方と相談して逆さの昇りをさせてあげたり、他の子がいない時を見計らってさせてあげるといいのではないでしょうか。忘れてはならないのは側を離れないこと!見守りながらたくさん経験させてあげて下さいね。

by さっかーせんせい